淀川区 塚本 腰痛 ガニ股

淀川区 塚本 腰痛 ガニ股

2017-02-07

今日は腰痛とガニ股です。

股関節が外側に回転して、開いてしまうガニ股。

ガニ股は生まれつき
関節に問題があっておこることもありますが、
ほとんどが姿勢から問題がおこることが多いです。

「姿勢不良」と「足の問題」
この二つが考えられます。

・姿勢不良
ガニ股は、医学的に股関節の外旋(がいせん)という状態で膝が外に開いてしまう状態です。

前から(あるいは後ろから)見たとき、脚がねじれてしまった
つま先が外に向くような 複雑な状態のことです。

猫背なんかの 姿勢がわるいときにガニ股になりやすいです。
座っているとき、立っているとき、背中が丸くなります。

すると骨盤は後ろに倒れてしまいます。骨盤が後ろに倒れてしまうと、股関節のつくりから、外側にねじれるように開いてしまいます。

さらに、悪い姿勢が習慣になってしまうと、
靭帯が緩んだり、脚の内側と外側の筋肉のバランスが崩れてしまいかばうような姿勢になり
悪循環がはじまります。
特に注目する筋肉が  内転筋(ないてんきん)と外転筋(がいてんきん)
という筋肉です。

内転筋は太ももの内側の筋肉で走るときに活躍する筋肉、股関節を内に閉じるはたらきがあります。

外転筋は太ももの外側にある筋肉で、股関節を外に開くはたらきがあります。
外転筋は歩くときにも活動性が高い筋肉です。

自然に座っていて脚がだんだん開いてくるのは、外転筋が硬く緊張してしっまって
内転筋が絶えれなくなっている状態です。

姿勢不良からくる筋肉のアンバランスの典型的なものです。

その足の緊張に腰が引っ張られる負担がかかり
いつまでも治らない 腰痛になってしまうんです!

自分の 内もも と 外ももの方さの違いを
一度チェックしてみてくださいね!
腰いたの予備軍かもしれませんよ。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


⇒トップページに戻る


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME