十三 塚本 姿勢

塚本 駅 十三 整骨院 肩や体の不調は食生活も!

 [記事URL]

えっ!肩や体の不調は食生活を気にしないと!
で書いていこうと思います。

肩のつらさで悩んでいる日本人は1,229万人もいると言われているそうです。
中学生でも「週に1回以上肩が凝る」と答えた生徒が半数近くになっているそうです。
大変な事態です。

揉んでも温めても全然良くならない!
いつまでもしんどい! もうなれっこになってしまった!
なんて方も多くなっているように思います。

でも 良くならない肩の悩みが実は食生活が影響している!って
知っていますか?

忙しい人は ファーストフードやインスタント食品/コンビニ弁当なんかのジャンクフードで
食事を済ませてしまいやすく、
野菜や魚、豆類などが不足しがち
だから胃腸に負担がかかり 状態が悪くなり血行が悪くなり栄養が滞り
ストレスがたまり イライラしといった悪循環がおこりはじめます。
血行不良になると体のあちこちに支障が出てくる

私たちの身体は血行(血液の流れ)が悪くなると、
体の隅々まで酸素や栄養を運ぶことができなくなっていきます。
さらに、栄養が行き届かなくなることで、体のあちこちに支障をきたしてしまうのです。

栄養をしっかり含んだ 血行をよくしていく事が非常に大切なんです! 
もちろん、食事だけを注意すれば良いというわけではありませんので、
適度な運動やストレスを溜めない生活を心がけるなども心がけてくださいね。

そんな事から体を診ていく整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


塚本 整骨院  頭痛・肩の痛みもしかしたら内臓疲れ?! 

 [記事URL]

頭痛・肩の痛みもしかしたら内臓疲れ?! 
で書こうと思います。

頭痛や肩の痛みが 内蔵の疲れから?って 
全くイメージがつかない方が ほとんどなんじゃないかなと思います。

『内臓がどこにあって どんな働きをしてくれているかなんて
全く考えたこともないし、調べたこともない!』

そうなんです!
だから、
『実際 自覚として感じている 肩の痛みや頭痛は痛い所のせいでしょ』って
なってしまいます。
ですが、
肩を揉んだり ほぐしたりしても全然良くならない。
いろいろ試したけど良くならない!ってなってしまい
軽い痛みが続いている人は 『あぁいつもの痛みか』ってあきらめてしまうし
ひどい痛みが続く人は『どんどん 不安な気持ち』になっていきます。

そんな方は内臓の疲れが生じているかもしれません!

腎臓という臓器は
老廃物を尿として排泄したり、
血液の生成や血圧の安定などいろいろな事に関わっている重要な臓器なのですが、
この腎臓は、十分な睡眠をとらないと疲労が回復せず、
腎臓の老化や疲労蓄積が進みます。
そうすると下垂してしまい 姿勢が崩れます。
姿勢が崩れると 体のどこかに 過度に負担のかかる場所が出てきます。

当然 肩や首に負担がかたよる事もあり 頭痛や肩の痛みにつながっている
ケースも多く出会います。

それを防ぐためにも規則正しい生活!
質の良い睡眠が重要になってきます。
なかでも気をつけないとダメな事は、就寝前のスマートフォンの使用。
スマホの光は体内時計を乱す恐れがあります。要注意です。
また、寝る前の暴飲暴食なんかも睡眠中に、胃や腸が休めず働き続ける状態になるので、
睡眠の質が悪くなり、結果的に腎臓にも影響を与えることになります。

後は
運動不足も内臓の血行を悪化させ、
疲労を回復しづらい状態におちいってしまいます。
でも激しい運動は逆効果で、
肝臓は絶えずエネルギーを作り出そうと働き続け頑張ってしまいますので、
身体に負担をかけすぎない、
適度な運動を心がけましょう。

目には見えない内臓の疲労が、肩こりや頭痛を引き起こしているという衝撃の事実。
もしもあなたが原因不明の肩こりに悩まされているのなら、
身体の外側ではなく内側に目を向けてみてはいかがでしょうか。

そんな事から体を診ていく整骨院です。
お気軽にご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区塚本 十三 整骨院 まずは歪まない!

 [記事URL]

今日も作業効率を悪くする!
環境について書いてみます!

人間は長時間座る構造になっていない、でも何時間も座っている環境にある。
当然 姿勢が崩れ、
カラダへ大きな負担がかかってくる事を
しっかり認識しておいてください。

で、特に
デスクワークでは 腰が痛い! 肩が重い! 手や足がダルク むくむ、
当然内臓にも負担がかかってくる、
心臓や 脳卒中のリスクも高まる!ってなってきます。

そんな事を知った以上は
少しでも 負担を減らす事を
すぐにでもやっていかないとだめですよね!?

週末に気休めでリラクゼーションに行っても、月曜日の昼過ぎにはまた どよーんって感じに。
そこで、
普段の負担を減らし 能力を120%発揮させるのに大切なのは

体の歪みを改善することと
日頃のデスクワークの作業姿勢!!!

背スジを伸ばしていても、
作業環境が悪ければ意味がなくなってしまう!

そんな、仕事の効率を下げる見落としがちな作業環境があるんです!

それが、
『椅子の高さが合っていない』
パソコン中の足元をよく観察すると、
脚を前に投げ出したり、
椅子の脚部分に脚を絡めてみたり、
そもそも地面に届いてない、
椅子の上にあぐらや正座なんかをしている方が意外と多い!

これは、椅子が カラダか、机と合っていません。

そのままにしておくと、
足の裏が地面に付いてないことで、カラダがふらついて 安定性がとれない、
とか、
脚の位置が悪いと骨盤が傾いてしまったり、
とか、
猫背が楽になり常に筋肉に大きな負担がかかったりします。

ならどうする?
椅子の高さを調整しましょう。
高さは、股関節(足の付け根)が90度よりやや広く開く状態にあわせ、
足の裏がしっかり地面を踏みこめるようにする。
すると、骨盤も立ち、力を無意識に使わない安定した座り方になります。

あなたはどうですか?
ひどい環境で作業してませんか?
そんな事で8時間も座っている環境がつづけば、体は歪まざるえないのは
分かると思います。

作業環境を整えれば必ずカラダへの負担は減ります。
まず 朝一番はデスク周りをチェックしてみてください。

そんな事から体を診ていく整骨院です。
体の不調がございましたら わかばやし鍼灸整骨院に 気軽にご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区塚本駅十三 整骨院 作業効率ってこんなことから!

 [記事URL]

今日は作業効率を悪くする!
環境について書いてみます!

もともと 人間は座る構造になっていないのに、何時間も座っている環境は、
当然 姿勢が崩れ、
カラダへ大きな負担がかかってくる事を知っておかなければいけないと思います。

特に
デスクワークでは 腰が痛い! 肩が重い! 手や足がダルク むくむ、
当然内臓にも負担がかかってくるので 心臓や 脳卒中のリスクも高まると考えられます。

だから そんな事が考えられることを知った以上は
少しでも 負担を減らす事をすぐにでもやっていかないとだめですよね!?

週末に気休めでリラクゼーションに行っても、月曜日の昼過ぎにはまた どよーんって感じに。
そこで、
負担を減らし 能力を120%発揮させるのに大切なのは
体の歪みを改善することと
日頃のデスクワークの作業姿勢!!!

背筋を伸ばしていても、
作業環境が悪ければ意味がなくなってしまう!

そんな、仕事の効率を下げる見落としがちな作業環境!

それは ノートパソコンを使っている!!です。
ノートパソコンの画面って普通にデスクに置くと
下に覗き込むような目線になってしまいますよね
これが 身体にとっては大変なことなのです!!
デスクトップパソコンと違って目線がぐっと下がることで、
頭の位置が背骨に対して前に前にいくんですよね。
重たい頭を骨(背骨)で支えてあげられなくなって
肩や首の筋肉で支えるようになってしまうんです!

そんな事をしていると首や肩へ 頭の重みの30キロ以上がかかってくるので
肩のつらさや頭痛を引き起こしてしまう原因になってしまいます。
できるだけ、アゴをひいて胸が開くような姿勢の位置にパソコン画面を
調整してみましょう。

そんな事から診ていく整骨院です。
まずはお気軽にわかばやし鍼灸整骨院へご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


塚本駅 十三 整骨院 起立調節障害(自律神経)

 [記事URL]

『起立調節障害の症状』
について書いてみます。

お子さんに次のような症状が出ている場合は、起立調節障害の可能性が考えられます。

・急に朝起きることができなくなった
・毎日のように学校に遅刻してしまう
・学校へ行っても教室にいることができず保健室で休んでいる
・立ちくらみやめまい、吐き気がある
・食事をしている時にしんどくなってしまい、横になりたがる
・頭痛や動悸、息切れ、イライラ、集中力が落ちてしまう
・朝は起きられないのに夜は遅くまで起きていることができる

このような症状がお子さんに起きている場合、
ただのだらしなさと思う親御さんもいると思います。
しかし、これらの症状が複数ある時は、起立調節障害の可能性が考えられます。

成長期のお子さんに多く見られる症状で、
小学校高学年から高校生まで幅広く発生する可能性があります。

起立調節障害というのは、自律神経失調症の一種です。

自立神経というのは体の状態を常に最適にキープするために働いており、
血圧や体温、呼吸などを一定の正常な状態にしようと働いています。
起立調節障害の場合、血圧を正常に保つ自律神経に乱れが起きていることで発症するといわれています。

起立調節障害というのは、しっかりとケアすればよくなっていくケースも多くあります。
ケアを怠ると大人になっても症状が出てしまうので、
大人になっても悩まされてしまう 大変な障害なのです。
軽く埋め止めず、真剣に向き合わなくてはいけません。

【起立調節障害の改善方法】
起立調節障害は、これらが挙げられます。

・精神的なストレスを取り除く
精神的なストレストいうのは、自律神経に大きな影響を与えてしまいます。
思春期のお子さんは精神的なストレスに左右されがちであり、小さなことでも抱え込んでしまう傾向があります。

学校や塾の忙しさ、いじめ、親の過度な期待やプレッシャー、
人間関係の悪さ、挫折、このようなことで大きなストレスを感じてしまいます。
親御さんがきちんと見極めてあげて、
ストレス発散に努めるようにしましょう。

・血流を良くする
起立調節障害のお子さんは血圧の調節が上手くできない傾向があり、
血流が悪い状態が多くあります。
血流改善で、起立調節障害の改善を期待することができます。
体を温めて血流を良くしたり、
水を多く飲んで血流を良くするようにしてみましょう。
起立調節障害には1日2リットルの水がいいと言われているので、水を多く飲ませるように努めましょう。

・疲れて眠れるようにする
夜遅くまで起きてしまうのは、体が疲れきっていない原因も考えられます。
日中運動などを行って疲れさせることにより夜早めに寝ることができ、
朝早く目覚めることができるという流れにすることができます。
軽い運動からでもいいので心がけるようにし、体を適度に疲れさせるようにしましょう。
運動がストレスとなってしまう場合は意味がなくなってしまうので、止めましょう。

・整体による改善
起立調節障害は、脳脊髄液の流れが悪くなっていることで自律神経の働きが鈍くなり、発生してしまいます。
脳脊髄駅の流れの改善は薬でも可能ですが、
整体による改善も期待することができます。
体のこわばりを刺激で解きほぐして、血液やリンパ液、
脳せき髄液の流れをうながすという流れです。
本来自分が持っている自然治癒力を高めて改善へとみちびくので、とても効果的な改善方法です。
多くのお子さんから嬉しい声が挙がっているので、期待できる治療方法です。

起立調節障害は、親御さんの理解と行動力が大きなカギとなります。
お子さんのだらしなさと受け止めず、傷害による症状なのだと理解して改善へとみちびいてあげましょう。

そんな症状でお困りでしたら
わかばやし鍼灸整骨院に一度ご相談ください。

⇒トップページに戻る


十三駅 塚本駅 姿勢から血流の悪さ!

 [記事URL]

姿勢から血流の悪さ!
について書いていきます。

患者さん治療をする中で、『私 昔っから体がかたくて 前屈しても手の先が床に届かないんです』とか、
『私 股関節がかたくってバレエなんてできません』とおっしゃることがあります。

まさに
姿勢の悪さからの 関節のかたさって事ですね。

ならなんで関節はかたくなるの?ですが、
簡単にイメージしてもらうと、血流が悪くなっているからなんです。
姿勢が悪く 筋肉に血流が行きにくくなってうっ血してしまうと、
脳がこれ以上筋肉が伸びません ちぎれますと指令を出してしまう。
なので 関節がかたい 体がかたいって感覚になるんです。

その状態を放置していると
かばった他の体の場所がキズになって 痛みやダルサにつながっていくんです。
自分で気づかない間に。

可動域がせまいところ、かたいところは、血流がよくなっていけば 姿勢が良くなれば
柔らかく動くようになっていきます。
年齢のせいで とか
もともと とか
思っているのは、血管がかたくなったり、毛細血管が減ったりして、
筋肉への血流が行きにくくなってしまうからの可能性も考えられます。

やはり うっ血が体の悪さ 姿勢のさらなる 悪さにつながっていくんですよね。

自分の事じゃないとか
そんなんぐらい
と思わないでくださいね。

そんな事から しっかり診ていく整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


十三 塚本 腰が痛い

 [記事URL]

十三 塚本 腰が痛い!
をテーマに書いてみます。

急に腰が痛くなった! 何もしてないのに痛いし ダルイ!といった訴えをされる 方が多く来られます!
でも 腰に湿布を貼ったからって良くならず、注射をしたのに良くならず
どうしようと不安になって 迷われています。

実際 動きの検査や 筋肉の悪さをみつけていくと腰自体に悪さがない事が多いです。

体は筋肉や筋膜で全身つながっています、だから足の血行や柔軟性が無くなってしまい 腰に悪影響をあたえ
痛くなったり
背中 猫背が原因で腰に悪影響をあたえてしまったりと
原因は人それぞれです。

そんなことあるのぉ と思うかもしれませんが
あるんです!
ほとんどがそれじゃないかと考えられます。

骨盤 背骨 血流の悪さ 歩き方 座り方 冷え 等
他にもいっぱい原因になるものがあります!

しっかり 自分の体に向き合って 
専門家に相談しましょうね!

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


大阪市淀川区塚本 姿勢の大切さを改めて実感!

 [記事URL]

長年 腰痛に悩まされてましたが、
かよい続けて だいぶ良くなりました!!
姿勢の大切さを 改めて実感!!


※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区 塚本 腰痛み 生活習慣

2017-02-16 [記事URL]

今日は 腰の痛みと生活習慣 についてです。

生活の中でこのような事が、習慣になってしまってませんか?

パソコンをする時や
スマートホンを使う時に、前に屈む姿勢を長時間している。

座りっぱなしで作業が多かったり

立ちっぱなしで同じ姿勢が多かったり

運動不足で体を動かす事が少なすぎたり

偏った食事やいきすぎたダイエットによる栄養不足

睡眠不足や不規則な睡眠時間からの自律神経の乱れ

薄着で緊張していたり
身体を締めつけるような下着や洋服をつけることでの血行不良

こうした生活習慣の積み重ねから 姿勢がくずれ 体が歪み
痛みが出てくる方も多いです!

生活の乱れを見直すことで 体の歪みも改善され
未然に腰痛や背中の痛みを防ぐこともできると言えます。

今は痛みがない人でも、普段からの生活を意識するようにしてみましょう。

これは自分の事かも!と思って 意識してみてくださいね。

こんな事から 治していく 整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区 塚本 腰痛 噛みしめ歯ぎしり

2017-02-14 [記事URL]

今日は 腰痛からほど遠いように思う 歯の噛みしめ・歯ぎしりからの
腰への影響です。

歯のくいしばり 噛みしめって、無意識にしてしまう

ではなぜ「歯ぎしり」や「食いしばり( 噛みしめ)」をしてしまうのか?

その原因 「ストレス」
ただストレスと言っても2種類あって
精神的なストレス と 肉体的なストレス があります。

精神的ストレスとは、
物事が思うように行かない! 仕事がめちゃめちゃ忙しい!
やりたくないことを追われるようにやらなければならない!
などの イライラカリカリ 感じることです。

これは乳幼児~ 年配の方まで、幅広く誰にでも起こります。

では 肉体的ストレス
重い荷物を持つ、
トレーニングや繰り返し運動  筋トレなど
筋肉疲労を伴う身体の動き。
汗をかいて 身体を動かして 気分は爽快になり精神的なイライラは
解消されるのですが、筋肉は傷だらけの疲労物質だらけになります。

こんな 精神・肉体 のストレスを感じたときに、人間は歯を「ギュッ」と
噛みしめたり、寝ているときに歯ぎしりをしたりしてしまうんですよね。

その原因 かみ合わせのバランス

バランスとは、
上下の歯をかみ合わせた時に歯が接触した状態のことを言います。
本来の歯のかみ合わせは、
前歯4 本( 上下左右計8 本)
奥歯4 本( これも上下左右計8本)が軽く接触し、
残りの「犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯」の6 本( 上下左右計1 2 本)
が均一に接触して、
下のあごを前後左右に動かしたときに引っ掛かりがなくスムーズに動ける状態のことを言います。

このときに
歯のバランスがくずれた状態だと、あごを動かす筋肉にストレスがかかり、
その状態を本能的に戻そうとして「ギューッ」と無意識の間に歯を食いしばるか
ギシギシと歯ぎしりをしてしまうんですよね。
で、
食いしばり 噛みしめをすることから
背中の背骨ぞいにある 脊柱起立筋って言う筋肉や
姿勢維持の筋肉が
過度な緊張につながり、背骨事体のゆがみや骨盤のゆがみがおきやすくなり、
背中や腰の痛みが出てきてしまうんです!

自分の事かも!と思ってチェックしてくださいね。

そんな事から治療をしていく整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区 塚本 腰 痛い  骨盤のゆがみ

2017-02-13 [記事URL]

デスクワークや歯の噛みしめが、
働く世代の骨盤ゆがみの原因になっているかもしれません!

骨盤のゆがみは、
腰の部分の背骨が ずれてしまう原因になってしまうのです。
その結果、
腰椎がズレることで 周辺の神経が圧迫されて
腰に痛みが出てしまう可能性があるのです。

つまり、骨盤のゆがみがあれば 腰の痛みを感じやすくなるということです。

腰椎のズレや骨盤のゆがみは どんなことから起こるのでしょう?

まず
デスクワーク!や長時間の同じ姿勢!
デスクワークは 一日中同じ姿勢になっていることが多く、
首や肩、背中の筋肉に緊張状態が続き、骨盤が上に引っ張られること
がゆがみへつながってしまいます。

適度に姿勢を変えて ストレッチをすることで
過度な筋肉の緊張状態を作らないように 心がけましょう!

そんな事から 治療をしていく整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


淀川区塚本駅 口コミで人気の整骨院!冷え性 改善!

2016-11-29 [記事URL]

日本人の低体温がじわじわと進んでいる。
約60年前、3000人を対象にした大規模な調査が行われ、日本人の平均体温は36.89℃という結果がでました。
そのとき 7割の人は平均体温が36.6~37.2℃の間にあり、37℃以上という人も約4割いました。
この数値を見て「意外に高いな」と思う人のほうが多いとおもいますが、
今の平熱の平均が問題なのです!
大人であれば平熱は36℃台前半、なかには35℃台という人も少なくないようです。
じわじわと低体温化が進行しているのかもしれません。
体の中では常に「熱」が作り出されて 体温が保たれています。
体を冷やすような食習慣や生活習慣を続けていると、低体温化が進んでしまうのです。
その結果、体の隅々まで熱が行き渡りにくくなり、
手足の先が冷たい末端冷え性につながってしまいます。
体の冷えを自覚していなくても、
お子さんに「手が冷たいね」と言われたら、それは自分でも気づいていない、
隠れ低体温、隠れ冷え性といえると思います。
「もしかして、隠れ冷え性かも?」、
まず自分の平熱をきちんと把握してみることをおすすめします。
正確な体温を測るために、 10分かけて測るという方法があります。
最近は1分、あるいは数秒~30秒程度で体温を測る 体温計が主流ですが、
これは「予測体温」といって、あまり正確なものではありません。
体温を測り始めると、
はじめの1~3分は急激に上昇し、それ以後はなだらかに上昇して、10分を過ぎるころから一定の温度を示すようになります。
少し面倒に思うかもしれませんが、自分の状態をきちんと知るためにも、10分測定をぜひやってみてください。
逆に子どもの手が冷たいと感じたことのあるかもしれません。
子どもの体温は大人に比べて高いものですが、
最近では子どもの低体温化が進んでいるといわれています。
1938年と1994年の子どもの平均体温を比べてみると、1938年には37.21℃だったそうですが、
1994年には36.26℃に。
また平均体温が35℃台の子どもは、1938年にはゼロだったのが、
1994年には16.4%まで増えているそうです。
低体温の子どもは1日を通してみると、
体温がずっと低く、ピークも午後遅くにくるのが特徴だそうです。
つまり、勉強や活動になかなかエンジンがかからない状態になりがちということになります。
体温をしっかり上げておくことは、
健康な毎日を過ごすためにはとても大切なことです。
骨盤矯正.png
わかばやし鍼灸整骨院があなたの助けになれればと思います。
お気軽にお電話ください。
06-6302-5106

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

⇒トップページに戻る


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

PAGE TOP

会社概要COMPANY
求人募集




淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME