塚本駅 整骨院 猫背

塚本 整骨院  頭痛・肩の痛みもしかしたら内臓疲れ?! 

 [記事URL]

頭痛・肩の痛みもしかしたら内臓疲れ?! 
で書こうと思います。

頭痛や肩の痛みが 内蔵の疲れから?って 
全くイメージがつかない方が ほとんどなんじゃないかなと思います。

『内臓がどこにあって どんな働きをしてくれているかなんて
全く考えたこともないし、調べたこともない!』

そうなんです!
だから、
『実際 自覚として感じている 肩の痛みや頭痛は痛い所のせいでしょ』って
なってしまいます。
ですが、
肩を揉んだり ほぐしたりしても全然良くならない。
いろいろ試したけど良くならない!ってなってしまい
軽い痛みが続いている人は 『あぁいつもの痛みか』ってあきらめてしまうし
ひどい痛みが続く人は『どんどん 不安な気持ち』になっていきます。

そんな方は内臓の疲れが生じているかもしれません!

腎臓という臓器は
老廃物を尿として排泄したり、
血液の生成や血圧の安定などいろいろな事に関わっている重要な臓器なのですが、
この腎臓は、十分な睡眠をとらないと疲労が回復せず、
腎臓の老化や疲労蓄積が進みます。
そうすると下垂してしまい 姿勢が崩れます。
姿勢が崩れると 体のどこかに 過度に負担のかかる場所が出てきます。

当然 肩や首に負担がかたよる事もあり 頭痛や肩の痛みにつながっている
ケースも多く出会います。

それを防ぐためにも規則正しい生活!
質の良い睡眠が重要になってきます。
なかでも気をつけないとダメな事は、就寝前のスマートフォンの使用。
スマホの光は体内時計を乱す恐れがあります。要注意です。
また、寝る前の暴飲暴食なんかも睡眠中に、胃や腸が休めず働き続ける状態になるので、
睡眠の質が悪くなり、結果的に腎臓にも影響を与えることになります。

後は
運動不足も内臓の血行を悪化させ、
疲労を回復しづらい状態におちいってしまいます。
でも激しい運動は逆効果で、
肝臓は絶えずエネルギーを作り出そうと働き続け頑張ってしまいますので、
身体に負担をかけすぎない、
適度な運動を心がけましょう。

目には見えない内臓の疲労が、肩こりや頭痛を引き起こしているという衝撃の事実。
もしもあなたが原因不明の肩こりに悩まされているのなら、
身体の外側ではなく内側に目を向けてみてはいかがでしょうか。

そんな事から体を診ていく整骨院です。
お気軽にご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


淀川区塚本 十三 整骨院 まずは歪まない!

 [記事URL]

今日も作業効率を悪くする!
環境について書いてみます!

人間は長時間座る構造になっていない、でも何時間も座っている環境にある。
当然 姿勢が崩れ、
カラダへ大きな負担がかかってくる事を
しっかり認識しておいてください。

で、特に
デスクワークでは 腰が痛い! 肩が重い! 手や足がダルク むくむ、
当然内臓にも負担がかかってくる、
心臓や 脳卒中のリスクも高まる!ってなってきます。

そんな事を知った以上は
少しでも 負担を減らす事を
すぐにでもやっていかないとだめですよね!?

週末に気休めでリラクゼーションに行っても、月曜日の昼過ぎにはまた どよーんって感じに。
そこで、
普段の負担を減らし 能力を120%発揮させるのに大切なのは

体の歪みを改善することと
日頃のデスクワークの作業姿勢!!!

背スジを伸ばしていても、
作業環境が悪ければ意味がなくなってしまう!

そんな、仕事の効率を下げる見落としがちな作業環境があるんです!

それが、
『椅子の高さが合っていない』
パソコン中の足元をよく観察すると、
脚を前に投げ出したり、
椅子の脚部分に脚を絡めてみたり、
そもそも地面に届いてない、
椅子の上にあぐらや正座なんかをしている方が意外と多い!

これは、椅子が カラダか、机と合っていません。

そのままにしておくと、
足の裏が地面に付いてないことで、カラダがふらついて 安定性がとれない、
とか、
脚の位置が悪いと骨盤が傾いてしまったり、
とか、
猫背が楽になり常に筋肉に大きな負担がかかったりします。

ならどうする?
椅子の高さを調整しましょう。
高さは、股関節(足の付け根)が90度よりやや広く開く状態にあわせ、
足の裏がしっかり地面を踏みこめるようにする。
すると、骨盤も立ち、力を無意識に使わない安定した座り方になります。

あなたはどうですか?
ひどい環境で作業してませんか?
そんな事で8時間も座っている環境がつづけば、体は歪まざるえないのは
分かると思います。

作業環境を整えれば必ずカラダへの負担は減ります。
まず 朝一番はデスク周りをチェックしてみてください。

そんな事から体を診ていく整骨院です。
体の不調がございましたら わかばやし鍼灸整骨院に 気軽にご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


淀川区塚本駅十三 整骨院 作業効率ってこんなことから!

 [記事URL]

今日は作業効率を悪くする!
環境について書いてみます!

もともと 人間は座る構造になっていないのに、何時間も座っている環境は、
当然 姿勢が崩れ、
カラダへ大きな負担がかかってくる事を知っておかなければいけないと思います。

特に
デスクワークでは 腰が痛い! 肩が重い! 手や足がダルク むくむ、
当然内臓にも負担がかかってくるので 心臓や 脳卒中のリスクも高まると考えられます。

だから そんな事が考えられることを知った以上は
少しでも 負担を減らす事をすぐにでもやっていかないとだめですよね!?

週末に気休めでリラクゼーションに行っても、月曜日の昼過ぎにはまた どよーんって感じに。
そこで、
負担を減らし 能力を120%発揮させるのに大切なのは
体の歪みを改善することと
日頃のデスクワークの作業姿勢!!!

背筋を伸ばしていても、
作業環境が悪ければ意味がなくなってしまう!

そんな、仕事の効率を下げる見落としがちな作業環境!

それは ノートパソコンを使っている!!です。
ノートパソコンの画面って普通にデスクに置くと
下に覗き込むような目線になってしまいますよね
これが 身体にとっては大変なことなのです!!
デスクトップパソコンと違って目線がぐっと下がることで、
頭の位置が背骨に対して前に前にいくんですよね。
重たい頭を骨(背骨)で支えてあげられなくなって
肩や首の筋肉で支えるようになってしまうんです!

そんな事をしていると首や肩へ 頭の重みの30キロ以上がかかってくるので
肩のつらさや頭痛を引き起こしてしまう原因になってしまいます。
できるだけ、アゴをひいて胸が開くような姿勢の位置にパソコン画面を
調整してみましょう。

そんな事から診ていく整骨院です。
まずはお気軽にわかばやし鍼灸整骨院へご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


淀川区 塚本 十三 作業効率を悪くするのは姿勢!

 [記事URL]

今日は作業効率を悪くする!
環境について書いてみます!

もともと 人間は座る構造になっていないのに、何時間も座っている環境は、
当然 姿勢が崩れ、
カラダへ大きな負担がかかってくる事を知っておかなければいけないと思います。

特に
デスクワークでは 腰が痛い! 肩が重い! 手や足がダルク むくむ、
当然内臓にも負担がかかってくるので 心臓や 脳卒中のリスクも高まると考えられます。

だから そんな事が考えられることを知った以上は
少しでも 負担を減らす事をすぐにでもやっていかないとだめですよね!?

週末に気休めでリラクゼーションに行っても、月曜日の昼過ぎにはまた どよーんって感じに。
そこで、
負担を減らし 能力を120%発揮させるのに大切なのは
体の歪みを改善することと
日頃のデスクワークの作業姿勢!!!

背筋を伸ばしていても、
作業環境が悪ければ意味がなくなってしまう!

そんな、仕事の効率を下げる見落としがちな作業環境!

まずは 日頃よく使う物が同じ場所にかたまって置いてある!
です!
マウス、電話、ペン、資料、ティッシュなど、よく手に取るものが利き手側に
かたません?
そうなると、片方ばっかり使う感じになって 姿勢も背骨も肩甲骨も
アゴも骨盤も膝も みんなみんな捻れてしまって
崩れた姿勢が当たり前の姿勢になってしまうんですよね。
そこからの肩 腰なんかの負担でしんどい!!になってしまうんですよ。

左右バランスよく物は置きましょう。

そんな事からしっかり 診ていく整骨院です。
気軽のわかばやし鍼灸整骨院へご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


淀川区塚本駅 十三 整骨院 背中の痛みって自律神経も?

 [記事URL]

淀川区塚本駅 十三 整骨院 背中の痛みって自律神経も?
について書いてみます!

肩や首、背中が張って仕方がない!
痛い!ダルイ! って人は多いと思います。

肩や首のつらさや痛みの原因は、長時間 同じ姿勢でいることで
筋肉が傷んで老廃物が溜まったり、
血行が悪くなってしまったり、
傷の炎症が起きたり

1.背中の張りやダルサ 痛みの原因

背中の張りやダルサ 痛みの原因には、まったく別の原因の場合があります。
それが「自律神経失調症」。

とくに、張りやダルサだけではなく、痛みがある人は要注意です。
自律神経失調症と背中の張りはどんな関係があるのでか?

2.自律神経のバランスの乱れ
自律神経には、
活動を促す「交感神経」と、 休息や回復を促す「副交感神経」とがあります。

日常的に活動している状態は「交感神経」が優位に働き、
休息や睡眠時は「副交感神経」が働いて、身体を癒やします。

このバランスが崩れて乱れてしまった状態が
「自律神経失調」です。

バランスが崩れると「交感神経」が優位に働き、
リラックスができなくなり、寝ている時でも
心臓や肺などに積極的に血液が送られて、身体が活動しやすい状態になります。
なんだか血流がよくなるように感じるのですが、
その時に血管が収縮してしまい、血流は悪くなります。

さらに、筋肉も緊張状態が高まり、背中の張りダルさを起こしやすく、
回復しにくくなってしまうのです。
そして、リラックスが出来ず眠っていても疲れがとれず、
ずっと違和感や張りに悩まされたり、だるさに悩まされるようになってしまうのです。

いくらもんでみてもなかなか張りが取れないという人は、
自律神経の乱れが原因となっている可能性も考えられますよ。

自律神経だった場合は、次のような症状があらわれます。

・肩から背中にかけて重く、常にだるさがある
・背筋を伸ばすだけでも背中がつらい
・仰向けで寝ると背中が痛い
・背中の痛みで熟睡できない

生活のリズムや姿勢や循環を整えることが自律神経を回復させる早道かな。
不規則な生活をしていて、すぐに正すことが難しい人は、
まずは起床時間を決めて守ることから始めましょう。

そして、朝の太陽を浴びることによって、
交感神経と副交感神経のオン・オフをすることができます。
起床時間を整えたら、その時間に合わせて朝日を数分浴びるようにしましょう。
そうするだけでも気持ちがリフレッシュでき、ストレスも軽減されるはずです。

そんな悩みをお持ちの方は
わかばやし鍼灸整骨院で改善できる事が多くあると思います。
是非 気軽に相談してくださいね。


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

PAGE TOP

会社概要COMPANY
求人募集




淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME