十三 塚本駅 背中の痛み!

十三 塚本駅 背中の痛み!

2018-01-15

年末 年始 暴飲暴食のシーズンですね!
普段よりも
アルコールを飲んだり
油もの食べたり
など
食生活がすごく乱れがちになっているのではないでしょうか?

そこで今日は
「内臓の疲れから背中の痛み」の話をしていきますね。

内臓も筋肉と同じで使い過ぎると
疲れちゃうのって知っていますか?

内臓もバテてしまうんですよ!

内臓もそれぞれの仕事があって
イメージ 「工場」みたいなものだと思ってください。

例えば、
肝臓!

肝臓は
①代謝機能
食事から摂取した栄養を、体内で必要なエネルギーに変える機能
② 解毒作用
アルコール、アンモニア、薬など体にとって有害な物質をろ過し無害化する
③ エネルギーの貯蔵
脳に必要なエネルギー(グルコース)をいつでも供給できるように貯蔵
④ 胆汁の生成
消化酵素を作り、血中のコレステロール値を調整。脂質の消化吸収を助ける
アルコールを分解したり
などなど多くの仕事をしています。

腎臓!なんかも
①尿を作る
②体中のバランスを整える
③血圧を調節する
④ホルモンを作る体の水分の調整をしたり
っていう「工場」の役割をしてるんですよ!

で 体中を順番に
血液が処理してほしい物を運んできます。

どんどんどんどん、工場に運ばれてきます。

内臓もどんどん処理をして頑張りますが

いずれパンク状態でバテてしまいます。

すると、仕事に遅れが出てきてしまいますよね?

仕事が山積み状態になり
仕事待ちの血液が、たまっていきます。
行列です!

この状態を「うっ血」と考えます。

すると、内臓は「たまった血液」(処理待ちの血液)
によって重くなっていきます。
 
すると重くなった内臓は、垂れ下がってき、

内臓って「膜」に包まれていて吊るされているんですが、
うっ血で重くなって垂れ下がってくると
その腹膜を介して
背中を引っ張ってしまうんです。

すると
「背中が痛い」「違和感!」ってなるんです!

そりゃ、背中をマッサージしても
ストレッチをしても楽になりませんよね!
原因がそこにないわけですから・・・。!

あなたの
その背中の痛み内臓の疲れかもしれないですね!

わかばやし鍼灸整骨院では
病気じゃないけど
内臓の疲れや機能低下を助けてあげられるような
施術もありますので
一度、是非ご相談くださいね。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


⇒トップページに戻る


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY
求人募集




淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME