淀川区 塚本 腰痛 噛みしめ歯ぎしり

淀川区 塚本 腰痛 噛みしめ歯ぎしり

2017-02-14

今日は 腰痛からほど遠いように思う 歯の噛みしめ・歯ぎしりからの
腰への影響です。

歯のくいしばり 噛みしめって、無意識にしてしまう

ではなぜ「歯ぎしり」や「食いしばり( 噛みしめ)」をしてしまうのか?

その原因 「ストレス」
ただストレスと言っても2種類あって
精神的なストレス と 肉体的なストレス があります。

精神的ストレスとは、
物事が思うように行かない! 仕事がめちゃめちゃ忙しい!
やりたくないことを追われるようにやらなければならない!
などの イライラカリカリ 感じることです。

これは乳幼児~ 年配の方まで、幅広く誰にでも起こります。

では 肉体的ストレス
重い荷物を持つ、
トレーニングや繰り返し運動  筋トレなど
筋肉疲労を伴う身体の動き。
汗をかいて 身体を動かして 気分は爽快になり精神的なイライラは
解消されるのですが、筋肉は傷だらけの疲労物質だらけになります。

こんな 精神・肉体 のストレスを感じたときに、人間は歯を「ギュッ」と
噛みしめたり、寝ているときに歯ぎしりをしたりしてしまうんですよね。

その原因 かみ合わせのバランス

バランスとは、
上下の歯をかみ合わせた時に歯が接触した状態のことを言います。
本来の歯のかみ合わせは、
前歯4 本( 上下左右計8 本)
奥歯4 本( これも上下左右計8本)が軽く接触し、
残りの「犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯」の6 本( 上下左右計1 2 本)
が均一に接触して、
下のあごを前後左右に動かしたときに引っ掛かりがなくスムーズに動ける状態のことを言います。

このときに
歯のバランスがくずれた状態だと、あごを動かす筋肉にストレスがかかり、
その状態を本能的に戻そうとして「ギューッ」と無意識の間に歯を食いしばるか
ギシギシと歯ぎしりをしてしまうんですよね。
で、
食いしばり 噛みしめをすることから
背中の背骨ぞいにある 脊柱起立筋って言う筋肉や
姿勢維持の筋肉が
過度な緊張につながり、背骨事体のゆがみや骨盤のゆがみがおきやすくなり、
背中や腰の痛みが出てきてしまうんです!

自分の事かも!と思ってチェックしてくださいね。

そんな事から治療をしていく整骨院です。

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


⇒トップページに戻る


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME