ブログ記事一覧

淀川区 塚本駅 整体整骨院 寝付けない 不眠 睡眠障害

2018-11-09 [記事URL]

今日は 寝付けないなぁ 不眠??
についてです。

なかなか寝つけないなぁ。 最近寝れないことが多い
と思っている人が多くなっているように思います。

ひどくなってしまうと 入眠障害という 不眠症って症状になってしまうんです。

もし寝つきがよくなる方法があれば知りたいですよね?

『睡眠薬に頼るほどまだ寝つきが悪いわけじゃないけど。』 『治療する方がいいの?』
ぐらいのあなたのために、
気持ちよく寝つくための心得を書いてみます!!

まず 寝るに集中!
寝つけないは、寝るに集中できない ということになります。
寝る空間(部屋) と 生活をする空間(部屋)をきっちり分けないとあかん。
集中して 眠れなくなります。
寝ているところにテレビやパソコン・ゲームを置いてたり。
寝ているところを書斎にしていたり
そんなんで無意識に 寝つきが悪くなっている方が多くおられるそうです。
ワンルームなら 仕切やカーテンで空間を分ける工夫をしてみてくださいね。

06-6302-5106


大阪市淀川区塚本,帰国したらお世話になりたいです

2018-11-06 [記事URL]

骨盤から指先まで
丁寧に診ていただきました!

また帰国したらまたお世話になりたいです!

ありがとうございました!   小山


十三 塚本 骨盤ゆがむと!

2018-11-04 [記事URL]

今回 骨盤がゆがむんでいるとこんなことになっている!
で書こうと思います!

骨盤って普通に生活しているつもりでも ゆがんでいる事があるんです!
歪むとどんなことが?
何が悪いの? って思うと思うのですが、いろいろあります!

骨盤がゆがむと、たとえば、骨盤の中にある仙骨は、深く女性ホルモンと関係しているので、
この仙骨が歪むと、生理不順や不妊などの問題が生じる場合があります。
また、肌荒れにもなりやすくなります。

あと
「腰椎」は骨盤と連動しているのですが、それが歪んだり傾いたりすると、
腰痛を引き起こす原因となります。

また、骨盤がどちらかに傾いていると、
大腸がうまく機能せず、便秘や下痢になりやすくなります。

骨盤は、1日のうちに何度も開いたり閉じたりしているのですが、
広がり過ぎて閉じづらくなったり、
逆に閉じた状態のままになったりすることがあります。

開いたままになると、内臓が下がってしまったりして
内臓の機能が低下したりして、冷え性になったりします。

骨盤は頭の骨にある後頭骨という骨と連動しているので、骨盤が広がってしまうと、
顔の骨にも影響がおき 大きくなりますし、
骨盤が歪むと顔の骨が歪んで、顔がいつもむくんで見えてしまうといったこともおこります。

さらに、骨盤が広がると、お尻も大きくなったり、下半身に肉が付きやすくなったりします。
自分で治すのはすごく 努力がいりますので すぐに相談ください。


淀川区塚本駅 坐骨神経痛の一般的な症状

2018-11-02 [記事URL]

【坐骨神経痛の症状や原因】
坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、何らかの原因によって圧迫・刺激を受けてしまい、痛みやしびれが発生してしまう症状です。
多くの場合は、腰痛に引き続いて発症してしまい、その後お尻やふともも、すね、足先などにも痛みやしびれが発症します。
ひどくなってしまうと、麻痺によって歩行障害が発生してしまう場合があります。

坐骨神経痛になってしまう原因は、若い方は腰椎間板ヘルニアで発症することが多くあります。
高齢の方は、腰部脊柱管狭窄になることで発症してしまうことが大半です。
この2つの症状は腰椎の異常によって坐骨神経が圧迫されてしまい、下半身にしびれや痛みを発症させてしまいます。

坐骨神経痛の一般的な症状は、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけて、嫌味やしびれ、ふくらはぎの張り、冷感、灼熱感、締め付け感などが発生します。
足の一部分に出る場合もあれば、足全体に強く出る場合もあり、人によって症状の出方はマチマチです。
具体的には、このような症状が発生します。

・いつもお尻に痛みやしびれがある
・足が激しく痛い
・少し歩くと歩けなくなる
・腰を動かすと足の痛みが強くなる
・黙っているだけでもお尻や足が激しく痛んで眠れない
・腰にも痛みがある
・体をかがめて靴や靴下を履けない
・痛みやしびれの他に、冷感やだるさ、灼熱感がある
・立っていると痛みが酷くなってきて立っていられない
・お尻が痛くて座っていられない「
・足に力がはいらない

このように、色んな症状が発症します。

少しでもおかしいなと思ったら、専門医に診てもらいましょう。
坐骨神経痛は、整形外科での診察となります。
レントゲンやCT、MRIで判断しますので、痛い診察とはなりません。

【坐骨神経痛の治療方法】
坐骨神経痛の治療方法は、このような方法で行っていきます。

・薬物療法
一般的な治療は、薬物療法で行っていきます。
痛みやしびれを緩和させる効果を発揮させ、症状を楽にしていきます。
神経痛が酷い場合は、神経ブロック注射で直接局所麻酔を行って痛みを静めることもできます。
つらい痛みの場合でも、神経ブロック注射で楽になりますよ。

・整体での改善
坐骨神経痛の患部を直接ケアしていき、改善へ導く方法です。
痛みが発生している部分を直接施術していくので、効果的な治療となります。
マッサージやストレッチ、電気治療、牽引治療などを行います。
坐骨神経痛のほどんとの人が、整骨院や接骨院で症状を緩和させています。
ほとんどの整骨院や接骨院で施術が可能ですが、念のために前もって問い合わせてから診てもらうといいですよ。

・手術療法
保存療法で改善しない場合は、手術を行って改善していく場合もあります。
数時間の手術となり、数週間で退院となります。
手術?は稀なケースですので、ほぼないと思った方がいいでしょう。

坐骨神経痛は、悪化すると面倒になってしまいます。
軽度の状態で改善へとみちびき、症状を安定させましょう。

 

淀川区塚本駅 坐骨神経痛の一般的な症状なら、「わかばやし鍼灸整骨院」にお任せください。


淀川区塚本駅 急性腰痛

2018-10-02 [記事URL]

【ぎっくり腰の症状と原因】
ぎっくり腰は、急に表われてしまいビックリしてしまいます。
想像以上に辛くて、どうしていいのかわからなくなってしまいますよね。

ぎっくり腰というのは文字通り、急にギクっとしたように腰に激痛が走ってしまい、動けなくなってしまう症状です。
昔、西洋の方では「突然痛みで動けなくなる」というところから「魔女の一撃」と言われていたそうです。

医療機関では、ぎっくり腰という名称はありません。
医療機関では、「急性腰痛」といいます。

なぜ、急にぎっくり腰になってしまうのでしょうか。
ぎっくり腰になってしまうには、これらの2つの原因があります。

・筋肉に持続的な負担がかかっている
・急激な負荷が腰にかかる

この2つの原因により、ぎっくり腰が発生します。
いくら急にくるといっても、何もしていない時には発生しません。
何らかの動きの悪さが合致してしまい、急激に現れたような激痛が走るのです。

例として、このような時にぎっくり腰は発生する傾向があります。

・重い荷物を持ち上げようとした
重い荷物を持ち上げる際には、腰に大きな負担がかかっています。
持ち上げる動作の際に腰が交差して負担がかかり、ぎっくり腰となってしまいます。

・TVのリモコンを取ろうとした
TVのリモコンを取るような比較的平らな動きでも、手を伸ばす際に自分の身体を支えることにより、腰には負荷がかかっています。
それにより、ぎっくり腰になることがあります。

・くしゃみをした
くしゃみをすることで上半身と下半身に急激な動きがかかってしまい、腰に負担をかけて、ぎっくり腰となる場合があります。

・落ちている物を拾おうとした
落ちている物を拾おうとした際には腰に大きな負荷がかかり、ぎっくり腰になることがあります。
ゴミ箱にゴミを捨てようとした時にぎっくり腰になった、というケースもあります。

・椅子から立ち上がろうとした
椅子から立ち上がる際は、じっと黙っていた状態から動くので、腰に大きな負担がかかり、ぎっくり腰になる場合があります。

このような些細なことで、ぎっくり腰になってしまうことがあります。
ぎっくり腰になる原因は、生活の中にたくさんあります。
そのため、注意して過ごさないといけません。

【ぎっくり腰の予防方法】
ぎっくり腰は日常生活で簡単になってしまうので、予防することがとても大事となります。
ぎっくり腰の予防方法は、これらがあります。

・ストレッチ
ストレッチを行うことで腰の筋肉や骨が柔軟になるので、ぎっくり腰になりにくい状態とすることができます。
しかし、1度ぎっくり腰になったことがある人は、我流のストレッチでもぎっくり腰になってしまう可能性があります。
整骨院や接骨院などのプロに施術してもらって柔軟にすると、間違いのないストレッチとなります。

・大股歩き
大股歩きにより、体の硬い部分を高過程に伸ばすことができるので、効果的です。
全身の筋肉運動となるので、腰に負担を与えず日常生活を送ることができます。
家の周りのウォーキングでOKですので、大股歩きで歩いてみましょう。
膝のストレッチにもなりますので、オススメです。

 

淀川区塚本駅 急性腰痛なら、「わかばやし鍼灸整骨院」にお任せください。


大阪市淀川区 塚本 十三 めまい メニエール 立ちくらみ 

2018-09-10 [記事URL]

• グルグル回転するめまいに悩んでいる。
• 何気なく視点を変えるとフラつく。
• 歩いているとフワフワしてふらつく。
• 他院に通っているが改善せず困っている。

「めまいがあって仕事に集中できない…」
「寝返り打つだけでグラグラする…」
すごく辛いですよね…。
吐き気がしたり、起き上がれなかったり、肩こりが酷かったり…さらに耳鳴りまでも出ているかもしれません。

長く悩まれている方も多いのではないでしょうか?

めまいの原因は様々です。

姿勢の歪みから
・くいしばって アゴが硬くなったり
・肩の筋肉が固まって 血行が悪くなってしまったり
・考え事をしすぎて 表情筋の緊張から顔・頭が固くなったり
・猫背 骨盤のゆがみから 背骨が硬くなり身体 首の循環が悪くなりめまいがでたり
いろいろな要因が 重なり重なりになってます。

症状としては…
自覚症状のない方から、
症状が軽い人、
めまいがひどく立っていることも横になっていることも出来ない人
など様々な症状の方がいます。

メニエール病と診断された方も
根本から治療するのが長期間を要する場合も多いですが
あきらめないで。

いろいろな事例をみても 絶対に治らない病気ではありません。

もし、発症してしまっても軽減させていく事を考えましょう。

なぜ?整体院や病院に行っても改善しなかった
めまい・耳鳴りが たった数回のバキボキしない整体で
劇的に変化を実感していただけるのか?

その秘密は
「頭の硬さや背骨・自律神経を中心に調整・矯正する」からです。
・頭の硬さから脳脊髄液の循環が悪くなり 体調をくずします。
・自律神経の乱れから体調をくずします。
・体の歪みから体のあちこちに循環の悪い所がでてきてしまい体調をくずします。
それらを検査で見つけ出し、的確に施術する事で
どんどん体が回復・改善していきます。
私たちにお任せください!

喜びの声をご覧ください!


※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

わかばやし鍼灸整骨院の 悩みへのアプローチ
1.めまい 耳鳴り 不眠の原因になっている自律神経のバランスを整え
自己治癒力を促し

2.めまい 耳鳴り 不眠の原因になっている姿勢を改善し
無駄な筋肉へのストレスをなくし

3.全身の血液やリンパ液の循環を良くして

4.筋肉のバランスをととのえる
このように、アプローチすることで今まであきらめていためまい 耳鳴り 不眠が改善していき、再発を防ぎます。

わかばやし鍼灸整骨院では、
院長や各先生も国家資格を取得し5年.10年以上、
のべ10万人以上の数多くの臨床経験を積んでいますので
ご安心下さい!

わかばやし鍼灸整骨院は、めまい整体の他、 以下の症状にも対応しております。

夜眠れない 夜中に目が覚める 目が覚めると再度眠れない 片頭痛 首のつまり 飲み込みにくい
のどの違和感 胸の違和感 目のダルサ 頭がスッキリしない 耳鳴り 耳が聞こえにくい 
アゴの痛み アゴがカクカクなる 妊娠中の痛み 
淀川区 塚本駅 体の変化に感動される方多数! 実績に自信あり!
口コミで遠方からも来院される 整骨院 整体! 

【電話番号】06-6302-5106

電話: 06-6302-5106

スタッフ全員が数多くの現場を経験し、 しっかり治してきた!という自信のある、
経験豊富な技術をご体験ください。
まずは お気軽にお電話ください

電話: 06-6302-5106

電話: 06-6302-5106

【電話番号】06-6302-5106


淀川区塚本駅 変形性膝関節症の治療

2018-09-02 [記事URL]

【変形性膝関節症の症状と原因】
変形性膝関節症は、膝関節の中にある軟骨がすり減ってしまい膝に痛みが出る症状です。
軟骨がすり減っていて膝が痛いというケースは、まさにこの変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、早い人では40代からはじまって、50代で数が増えていきます。
さらに、65歳以上になると急増していきます。
男女比では1:4で女性に多く、65歳以上の女性に多い傾向があります。
中高年に多い膝の症状であり、膝が痛い人の約8割を超える症状です。

変形性膝関節症の初期段階は、ひざのこわばりや動き始めの痛みとなります。
しだいに立ち上がりや階段の上り下りの際に、膝の曲げ伸ばす胃がきつくなっていきます。
膝が腫れてしまったり、熱を持ってしまうこともあります。

さらに進むと関節部分が変形してしまい、外から見ても明らかに目立ってしまいます。
最終的には歩行や立ち上がりが困難となってしまい、寝た切りとなってしまう場合もあります。

たかが膝の軟骨のすり減りと思うかもしれませんが、進行を以下に抑えるかというのは非常に重要となります。
おかしいなと思ったら、1度整形外科で診てもらうといいでしょう。

【変形性膝関節症の治療】
変形性膝関節症の治療は、これらがあります。

・薬物療法
一般的に炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤や、ステロイドの駐車となります。
近年は塗り薬タイプの治療もあり、皮膚から成分が吸収されることにより効果を発揮させる治療方法もあります。

・手術療法
重症化してしまい歩行困難などの生活に支障をきたす状態の場合は、人工関節置換手術を行います。
手術の数が多く、奥のみなさんが元のように歩行できるようになっています。

・運動療法
重症化していない場合は、運動療法も効果的です。
片足立ちやスクワットを行って改善していくのですが、素人判断ではかえって負担を与えてしまう場合があります。
整骨院や接骨院での施術は効果的な運動となりますので、オススメです。
膝の痛みの人は、整骨院や接骨院にも多く通っています。

また、このような日常生活の改善で、変形性膝関節症の症状を改善へとみちびきましょう。

・正座を避ける
正座は膝に大きな負担を掛けるので、よくありません。

・痩せる
体重の多さは、膝に大きな影響を与えてしまいます。
身長に見合った体重にし、肥満を解消しましょう。

・膝の血行を良くする
膝の血行を良くすると、痛みが軽減していき、あす。
冷やさないようにし、温めるようにしましょう。
湯船に浸かったり、暖かい服装にしましょう。

・洋式トイレを使う
和式トイレは、しゃがんだ時に膝に大きな負担がかかってしまいます。
洋式トイレとし、ゆっくり座ったり立ち上がるようにしましょう。

・急な動作はしない
急激に動こうとすると、膝に大きな負担をかけてしまいます。
常にゆっくり動くようにし、ひざへの負担を軽減させましょう。

膝は、日ごろの生活の仕方によっても、大きな影響を与えます。
1度減った軟骨は元には戻りませんので、日常生活に気を付けて悪化させないようにしましょう。

 

淀川区塚本駅 変形性膝関節症の治療なら、「わかばやし鍼灸整骨院」にお任せください。


大阪市淀川区塚本,腰痛がひどかったですが今は絶好調です

2018-08-09 [記事URL]

腰痛がひどかったですが今は絶好調です。

骨盤も治して頂きありがとうございます!!

面白い先生もいっぱいいます!!

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


大阪市淀川区塚本,ぜひオーストラリアへ

2018-08-08 [記事URL]

ますだ君、ぜひオーストラリアへ
お持ち帰りしたいです。

1年に1度、身体を整えて
元気にしてくれてありがとう!!

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります


塚本 十三 五十肩・四十肩 肩の痛み 整骨院

2018-08-06 [記事URL]

中高年から増えてくる、五十肩。
そのはっきりした原因はわかっていませんが、
「動かしても動かさなくても痛い」「肩が上がらない」と困っている方が多いです

五十肩について
幅広く人が悩まされる肩の痛み、いわゆる「五十肩」は、50歳代を中心とした中年以降に、
肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、
肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されているそうです。

五十肩の病期は症状の推移から三期に分けられ、

一般に発症から約2週間の急性期、
その後約6ヵ月間の慢性期を経て回復期に至とされています。

急性期には運動制限を引き起こす運動時痛に加えて安静時痛や夜間痛が出現し、
徐々に関節拘縮がおきて肩の動きが制限される。

慢性期には徐々に痛みが軽減し日常生活でも患肢をかばう必要がなくなるが、
可動域制限は残る。

回復期には可動域制限がまだ残るものの、
痛みが少ないために大きな機能障害の自覚はなくなり徐々に動きが自然回復するとされている。

これらの回復経過に1年前後を要するとされるが、
一方では平均約7年後にも
半数の患者さまに何らかの痛みや可動域制限が存在していたとの報告があるようで、
安静と患者の自然治癒力に任せるだけでなく、
積極的に痛みと可動域制限を改善する治療が絶対に必要である!

わかばやし鍼灸整骨院では、
国家資格を取得し10年以上の先生が治療しており、
のべ10万人以上の数多くの臨床経験を
積んでおりますのでご安心下さい!!

当院は先生全員が他院であれば院長として
活躍できるようなレベルの技術を持っており、

少人数で 技術の品質が下がらないようにしていますので、
他院のような院長とそれ以外の施術者では
技術に大きく開きがあるなどの心配は
一切ございません。

電話: 06-6302-5106

【電話番号】06-6302-5106

☆なぜ こんな治療をするのか!

マッサージだけでは治らない!良くならない!

数多くの臨床重ねた結果・・・
数多くの肩の痛みの患者様に
数多くの首の痛みの患者様に
絶大な効果のある
わかばやし鍼灸整骨院の独自整体を生み出しました。

わかばやし鍼灸整骨院の 痛みへのアプローチは
1.首 肘 背中 肩の痛みの原因になっている姿勢を改善し 無駄な筋肉へのストレスをなくす
2.全身の血液の循環を良くする
3.筋肉のバランスをととのえる
このような、アプローチすることで
今まであきらめていた肩の痛みが改善し、再発を防げるようになります。

まずは喜びの声をご覧ください!

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

電話: 06-6302-5106

まとめ

1.バキボキしない安心安全な技術
痛い怖い施術は嫌ですよね。私は嫌です。

2.全員が即院長レベルの施術者です
町を歩けば整骨院・整体院が乱立しています。
これだけ増えた理由をご存知ですか?
実は整体院、マッサージ屋は国家資格ではなく民間資格なんです。

極論、誰でも明日からできます。
通信教育なんていういい加減なところもあるくらいです。
それらとは違い、整骨院を開くには国家資格を取得する必要があります。
そのため3年間、医師と同等レベルの解剖、生理、病理学を勉強します。

先生全員が数多くの現場経験と
しっかり治してきたという経験豊富な技術を持っております!
安心してご相談ください!

まずは お気軽にお電話ください

電話: 06-6302-5106

電話: 06-6302-5106

【電話番号】06-6302-5106


電話・メールでのご予約・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 06-6302-5106

メールでのお問合せ

「わかばやし鍼灸整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒532-0026 大阪市淀川区塚本2-16-4-102
電話番号 06-6302-5106
営業時間 平日 10:00~14:00 16:00~20:00
土曜 10:00~15:00
電話受付 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日
最寄駅 JR神戸線塚本駅徒歩1分
駐車場 近隣にコインパーキング有ります

PAGE TOP

会社概要COMPANY
求人募集




淀川区 整体「わかばやし鍼灸整骨院」

住所:〒532-0026
大阪市淀川区塚本2-16-4-102

06-6302-5106




MENU

MAIL

TEL
HOME